読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界エンジニアの独り言

クライアント、サーバ、インフラなどなど興味あることなんでも紹介

findコマンドのmtimeオプションまとめ

findコマンドの時間指定は色々パターンがあるので、 まとまてみました。


時間指定オプション一覧。

オプション 概要
-mmin ファイルのデータが最後に修正された日時(分指定)
-mtime ファイルのデータが最後に修正された日時(日指定)
-amin ファイルのデータに最後にアクセスされた日時(分指定)
-atime ファイルのデータに最後にアクセスされた日時(日指定)
-cmin ファイルのデータとステータスが最後に修正された日時(分指定)
-ctime ファイルのデータとステータスが最後に修正された日時(日指定)

3日前まで(現在時間〜72時間前)

# find ./ -mtime -3

3日前(72時間前〜96時間前)

# find ./ -mtime 3

3日前以降(72時間前〜過去)

# find ./ -mtime +3

daystartオプションを指定すると0時を基準にします。 1日単位で範囲指定したい場合に使用します。

例として、現在を12月24日03時00分とします。

3日前まで(12月24日00時00分〜72時間前)

# find ./ -daystart -mtime -3

3日前(12月21日00時00分〜24時間前)

# find ./ -daystart -mtime 3

3日前以降(12月21日00時00分〜過去)

# find ./ -daystart -mtime +3

少数指定も出来るみたいです。

12時間前まで(現在時間〜12時間前)

# find ./ -mtime -0.5

Linux逆引き大全 555の極意 コマンド編 [第2版]

Linux逆引き大全 555の極意 コマンド編 [第2版]